薬剤師の歴史|薬剤師の起源から現在の状況まで

HOME   >   薬剤師の歴史

薬剤師の歴史

東洋医学では薬が医療の中心となっていたため『薬師如来』と呼ばれており、医師と薬剤師の区別はありませんでした。
しかし西洋では1240年頃フリードリヒ2世によって医師が薬局を持つ事を禁止した法令が交付されており、これがきっかけとなって医療分業と薬剤師の起源とされています。

もっともフリードリヒ2世は自分の薬による暗殺を防止する事が目的であったと言う説が多く、処方と調剤の分離は偶然的なものだったと言えるでしょう。
結果的には現代においても医師の過剰処方による患者の薬漬け、処方ミスの防止などを目的として世界的にも広く行われているのです。

日本では昔から医薬同一の医療体制を近代化を目指して、ドイツの医療制度を翻案として1874年(明治7年)8月に『医制』が公布され、日本では初めて近代的医療制度が導入されたのです。
医薬開業試験と薬舗開業試験とに区別され『医師たる者は自ら薬をひさぐことを禁ず』とされていました。

ポーズを取る薬剤師 また薬舗を開業した人を薬舗主と呼んでおり、これが日本における薬剤師の元となりました。
そして1889年(明治22年)には『薬品営業並薬品取扱規則』(薬律)が公布されて、晴れて薬舗は薬局に、薬舗主は薬剤師と定義されるようになったと言う経緯があります。

薬剤師と言う資格には多くの年月や時間が掛かり、またそれを経験、蓄積してたからこそ現在の薬剤師があるのかも知れませんね。

ですがこのように政府は医師による調剤を禁止させて完全な医薬分業を目指したのですが、当時の急激とも言えるこの移行に薬剤師不足が問題となり、結果として医師が自己調剤をするようになったのです。


薬剤師の現状とは?!

TOPページ