保険薬剤師の異動手続き|必要な手続きと準備する書類など

HOME   >   保険薬剤師の異動手続き

保険薬剤師の異動手続き

保険薬剤師の異動届けは基本大きな変更がない場合は申請する必要がない事が多いです。

例えば転職をして勤めている勤務先が変更になったとしても『同管轄厚生局内』であれば不要となっています。

言い換えれば管轄が異なる他の地方厚生局への医療機関へ異動する場合には、『管轄地方厚生局長変更届』を転出前の厚生局事務所などに提出する必要があります。

また他のケースでも異動届が必要となる場合があります。

保険薬剤師が登録を行った管轄地方厚生局内で都道府県を越えて移動した場合

東京都から他の県に移動した場合同様の管轄内であっても勤務地が変更になった時には、『管轄地方厚生局内管轄事務所等変更届』を転出前の厚生局事務所へ出す必要があります。

この場合添付書類として保険薬剤師の登録票の原本が必要になります。

保険薬剤師本人の氏名などに変更があった場合

書類の作成例えば結婚などにより氏名が変更となった場合には『氏名変更届』を提出する必要があります。

この場合には変更前後の氏名、変更年月日が確認できるもの=戸籍抄本)と、保険薬剤師の登録票の原本が必要になってきます。

保険薬剤師が死亡、もしくは失踪の宣告を受けた場合

死亡または失踪届を親族が提出する必要がありますし、他の変更届同様に保険薬剤師の登録票の原本が必要です。

保険薬剤師の登録票の再交付を受ける場合

もしものミスで登録票を紛失、もしくはき損した時は『登録票再交付申請書』を提出しなければなりません。

紛失の場合添付書類は必要ありませんが、保険薬剤師の登録票の記号番号が分からない場合、免許証の薬剤師登録番号を余白に記載する必要があります。

またその後登録票が見つかった時は発見された登録票を返納します。

き損の場合はき損した登録票を添付するようになっています。

保険薬局についてとは!?

TOPページ