保険薬局について|健康保険等の保険を使って保険調剤する事が可能な薬局

HOME   >   保険薬局について

保険薬局について

薬局で薬剤を調剤する薬剤師一般に『保険薬局』とは薬局の中でも特に多くの健康保険等の保険を使って保険調剤する事が可能な薬局の事を指しています。

厚生局から保険指定を受けて初めて『保険薬局』を名乗る事が出来るわけですが、無論保険薬局で保険調剤を行うには何度も扱ってきた『保険薬剤師』の登録が必須です。

特に独立した医療提供施設である為に基本独立した建物に設けられている場合が多いですが、病院や医院のような医療機関を新設で設ける場合、その近くに建てられるケースもあります。

こう言った薬局を『門前薬局』と呼称する事もありますが、保険薬局である以上管理者や従事者等の人員面、会計面で他の医療機関とは明確に区別されています。

薬局を名乗る為にはまず『調剤室』を有している事が条件として挙げられますが、ドラッグストアや~薬店などは上記の理由から薬局と言う名称を得る事が出来なかった場合につけられる事が多く、医師等の処方箋があっても調剤を行う事は出来ません。

近年では保険指定を受ける薬局などが増加

現在では町の中にある薬局も保険薬局の指定を受けて保険調剤を行うケースもありますし、ドラッグストアのような一般医薬品、日用品や美容、健康商品を扱っているところでも保険指定を受けて店舗内に薬局として保険調剤を行う『調剤併設型ドラッグストア』も増えています。

後発医薬品の登場

何らかの理由で医院や病院を利用した事がある人は経験があるかもしれませんが、保険薬局では『ジェネリック薬品』と呼ばれる後発医薬品を選択する事が出来るようになっています。

薬剤師の判断で選択出来ますが基本患者に薬の変更や仕様を説明し、承諾を得られた場合に後発医薬品を用意しますので、ジェネリック薬品のような後発医薬品に不満がある時はその旨をしっかりと伝えるように心掛けましょう。

薬剤師の業務①

TOPページ