薬剤師の過剰予想|調剤薬局・ドラッグストア・病院の募集ポータルの紹介サイト

HOME   >   薬剤師の過剰予想

薬剤師の過剰予想

薬剤師の今後の推移

二人の薬剤師 別項でもあったように医療分業により薬剤師の必要性は高まっており、薬局などで求人が非常に多くなっているようです。

分業を目的とした医療分業率は70~80%くらいで頭打ちになる可能性、そして2009年の登録販売者制度の導入による第二種と第三種一般用医薬品の販売をする際に、登録販売者が居れば薬剤師が常駐する必要がなくなる事が懸念されており、それに際して薬剤師の需要も頭打ちになるのではないか?と言われています。

現在でも人口1000人辺りの薬剤師数は1.21人と先進国の中では最も高い数値を残しています。
一時の医療分業時に起こった薬剤師不足が現在では世界でもっとも多い事になるわけですね。

厚生労働省では『薬剤師問題検討会』を組織して、2002年に『薬剤師需要の予測について』の報告書を取りまとめており、その際の粗い試算によると2027年には薬剤師の人口は40万人を超えると予測していて、実際の需要が29万人程度・・・となると11万人の薬剤師が余剰として出るのではないかと言われています。

勿論あくまでも当時の状態での試算であり現実的にそうなるとは限りませんし、
医療がより発達し薬剤師の専門性が向上すればそれだけ需要が多くなると言う事になります。 2003年には九州保健福祉大学と就実大学で実に20年振りに薬学部が開設されており、2007年までに計26大学・学部が新設されています。

5年間で5000人もの薬剤師数が増加したわけですが、それだけ必要とされている職業だと言えるかも知れませんね。 すでに薬剤師として勤務している方の転職は頻繁に行われていますし、求人を出している医療機関や企業も少なくはありません。

まさに今が売り込み時・・・とも言えるでしょう。


保険薬剤師とは!?

TOPページ