患者と話す機会を増やす|基礎知識や悩み、給料の話しなど薬剤師転職のあれこれ

HOME   >   患者と話す機会を増やす

患者と話す機会を増やす

患者との会話

これも薬剤師だけに限った事ではありませんが、製薬企業など一部の職種を除き基本的には患者と触れ合うケースが多いものです。

こう言った触れ合いは非常に大事ですし患者の為の仕事なだけに、直に会話出来る場面は大事にしたいところでしょう。 もしかすれば口下手で会話する事に苦手意識がある方もいるかも知れませんが、そう言った方こそ薬剤師として勤めているのを機会だと思って一念発起してみると良いでしょう。

実際に会話して話が弾んだりお礼などを言われると、その苦労が一気に喜びに変わるはずです。

また医師の診察では気付かなかった事や薬を飲用する事による不調などの確認も重要です。
現在の医薬品と言うものは効果が強くなっており、副作用などの心配などもある事から薬剤師により処方した薬の受け渡し時の対応にも気を配っておくと良いと思います。

転職して患者と触れ合いたい!と考える方も少なくはありませんし、薬剤師と言えどもお礼を言われれば嬉しいものですし、それだけ仕事にやりがいが出てくると言うものです。
もしくはドラッグストアに勤務してみるのも良いかも知れませんね。

調剤薬局より会話しやすくなりますし患者としても飲み合わせや効果に詳しい薬剤師が居る事は、非常に心強くまた安心して任せる事が出来るのではないでしょうか。
笑顔でポーズの薬剤師 転職と言えば人生の大きな転機の一つ。

思うところはあるかも知れませんが環境を変え自分を変える意味でも、患者と触れ合う事の出来る職場を選ぶのも選択肢の一つだと言えるでしょう。

人と接する事は人生の栄養素ともなりますし、自分とは違う人の意見や視野と言うものは、今まで気付かなかった事を知る機会にもなるものです。




薬剤師の悩みとは!?

TOPページ