病院・診療所で働く|薬剤師の仕事内容、職場環境を知る

HOME   >   病院・診療所で働く

病院・診療所で働く

病院・診療所のお仕事

薬剤師の笑顔画像 薬局などの薬剤師とは異なり病院内、もしくは診療所などで勤務する薬剤師はコ・メディカルに分類される傾向があります。

病院内で医師から出された処方箋に沿って調剤を行いますが、薬局では行わない注射剤の調剤なども多く仕事内容に含まれています。

一定数専属の薬剤師を配置する事が医療法第22条の2で定められており、それが整っていない場合は特定機能病院として開設する事を禁じられています。他にも治験審査委員会、感染制御チーム、栄養サポートチームなどのメンバーとして活動する事もあります。

上記医療法により他にも病院等では医薬品の適正使用を管理する『医薬品安全管理責任者』の設置が義務付けられていますし、同じく医療法第18条で『病院または医師が常時3人以上勤務している診療所にあっては専属の薬剤師を配置する事』も義務付けられているのです。

ただし一部都道府県知事の認可を受けている場合はこの限りではなくなる例外規定もあるようです。
現在の医薬品などは以前よりも薬の効果が強く出る為に用量調節が難しく、昔であれば死亡していたような重篤の疾患(腎不全、肝不全等)を合併している患者への投与が行われる場合もあります。

この為病院、診療所では薬物動態理論、臨床薬理に関して専門的且つ膨大な知識を持った、薬を処方するためだけの薬剤師、専門家が必要となってきています。

海外・・・特に米国では日本のような日本型(旧来型)な薬剤師の育成は行っておらず、それに代わるen:Pharm.D.と呼ばれる新しい薬剤師を育成して、医師とほぼ同等の給与で病院、診療所に送っており、これによって医師への負担を大幅に軽減しているのです。


薬剤師の業務③

TOPページ