新薬の研究・開発で働く|薬剤師の仕事内容、職場環境を知る

HOME   >   新薬の研究・開発で働く

新薬の研究・開発で働く

新薬の研究・開発のお仕事

振り返り際の薬剤師 薬と言うのは作ればそれっきりと言う訳ではなく、同じ効果であっても投資金額が低く抑えられる後発医薬品の研究や開発が毎日行われています。

新薬の研究や開発には薬学だけではなく総合科学の観点から、様々な分野や学部出身者が多く勤務しており、勿論薬剤師もこの研究や開発には欠かす事の出来ないものです。

臨床現場では薬剤師の他にも医師、看護婦が中心となって治験業務も行っています。 新しい薬品の開発、研究には募集基準として大学院で修士課程を与えられた人が多く、薬剤師として開発や研究に携わるのを目的とするならば大学院への進学も考慮に入れておくようにお勧めします。

また知ってのように新薬の開発には長い年月が必要となりますし、日々の努力や精進が必須とも言える仕事です。 薬剤師として関わるのならこの仕事に対して、明確なビジョンを持っておく事が望ましいと言えます。 ただし別項でも出てきましたがMR(医薬情報担当者)は薬剤師の資格が必須ではなく、文系もしくは理系出身者が従事しています。

薬局や診療所などと異なり同じ薬剤師だとしてもより深い薬学、幅広い知識などが必要となっています。
この道を選ぶ薬剤師の方は常に貪欲なまでの向上心を持って勤務出来る人に向いていると言えるでしょう。 製薬会社にとって新しい薬を生み出すと言う事は自社の生死に関わってきます。

長い長い年月、基礎研究の始まりから新しい物質の発見、効力や臨床試験などの日々の研鑽が実を結ぶまで、諦めない強い意思や挫けない強靭な心が試されると言っても良いでしょう。
それ故に新薬の開発や研究によって、新しい薬が出来上がった時の喜びは他の職場では味わえない感動だと言えます。


薬剤師の業務⑤!?

TOPページ