薬局で働く|薬剤師の仕事内容、職場環境を知る

HOME   >   薬局で働く

薬局で働く

薬局のお仕事

薬局などは主に医療機関の近くに店舗を構えています。 診察して医師から出してもらった処方箋を持っていく事で、薬局で調剤をしてもらい薬を受け取る事が出来ます。

無論そこで勤務する、調剤するには薬剤師の資格が必要となりますし、患者とも話をする事になりますので少なからず最低限の協調性も必要となります。

またお薬手帳などに処方した薬品のシールを張る事も忘れていけません。 これは過剰処方や患者がどのような薬を他に服用しているかなどを確認する手段でもありますので、まだ持っていない患者などには必ず渡して次回以降持って来てもらうようにする事も大切です。

薬を受け渡しの際には体調はどうか?薬を飲む事で副作用は出ていないか?などを聞く事も勿論重要ですので覚えておきましょう。 また電子薬歴の打ち込みや現在ある薬などを見回し、足りないと思われるような薬は発注しておく事も必要となります。

元気な薬剤師 時間があれば薬の予製なども行いますし良く出る薬(風邪薬)などは予め輪ゴムなどでまとめておき、目薬は袋に詰め湿布なども枚数をまとめておくなどの作業もあります。

このように患者が居ない間に行う作業も多い薬局などのお仕事ですが、
薬を渡す際、また具合を聞いた時などに患者に感謝されたり、有難うなどの言葉を頂けるのも大きな魅力ですね。

他にも新しい薬などがあればその考察などを行う事もありますが、基本的に患者に気持ち良く薬を受け取ってもらう事が一番大切な部分かも知れません。

薬学的見地から医薬品などの適正使用などの知識も勿論欠かす事は出来ません。

患者の中には薬の効果や副作用、飲み合わせなどを聞かれる場合もありますので、そう言った時に答えられるよう見聞を広げておくのも怠ってはいけません。


薬剤師の業務②!?

TOPページ